奥武鉄道のソーシャルメディア利用方針および実施手順

奥武鉄道ではソーシャルメディア公式アカウントの運用ならびにソーシャルメディアの利用に関して以下のように利用方針および実施手順を定め、遵守します.

 

ソーシャルメディアの定義

ソーシャルメディアとは、ソーシャルネットワーキングサービス、ブログ、インターネット上の掲示板、動画投稿サイト、個人のホームページ、口コミサイトなどインターネット上で行う情報発信共有手段の全般と定義します.

奥武鉄道およびその社員は、以下に基づき節度と倫理意識をもってソーシャルメディアを利用します. 

[1] ソーシャルメディアのリスクの理解

不特定多数の利用者がアクセス可能であること、発信した情報は複製が容易であり完全に削除することができないこと、発信した個人が容易に特定される場合があると同時に、社会的には社員個人の見解が企業の見解と誤認される可能性があることを十二分に認識する.

 

[2] 法令・社内規則の遵守

法令・就業規則等の社内規則を遵守する. 著作権やプライバシー権など、第三者の権利を尊重し遵守する.

 

[3] 社会的責任伴った節度ある情報発信

情報発信を行う際は、奥武鉄道の社員であるという使命感と自覚を十分に持った上で責任と良識を持ち、社会のあらゆる状況に置かれた方がどのように受け取るかを十分に考慮した上で、社員一人一人の発信が奥武鉄道の見解と捉えられかねないことを十二分に理解した上で発信する. 自身の情報発信の社会的影響を十二分に理解する.

 

[4] 情報漏洩の禁止と処罰

自己の所管であるか否かを問わず業務上知り得た公式未発表情報を公開してはならない.  お客様や従業員等の個人情報は、法令および社内規則に基づき慎重に取り扱い、違反した場合には懲罰の対象となる.

 

[5] 不用意な誹謗中傷の禁止

誹謗中傷や他者に不用意に不快感を与える行為を慎む.

 

■お客様へのご案内とお願い

当社社員からのソーシャルメディアにおける情報の全てが必ずしも当社の公式発表・見解を表すものではありません. 当社における公式発表・見解等の発信は、奥武鉄道公式ウェブサイト、ニュースリリース等で行って参ります.

 

なお当社のソーシャルメディア公式アカウントは以下のTwitterアカウントのみです. 昨今当社と同名でかつ経由地、行先地、路線名などが酷似している鉄道会社を名乗る情報発信が他所でなされておりますが当社とは全く関係ありません. ご注意ください. 

 

Twitter [公式]奥武鉄道

Twitter.jpg