​巣鴨中山道線運賃特例のご案内

都営地下鉄三田線が開通した際に並行交通機関として当社中山道線巣鴨~中板橋間が廃止になったことから、都営三田線の巣鴨~蓮根間には当社の列車が「奥武鉄道巣鴨中山道線」の列車として乗り入れております(当社が巣鴨~蓮根間の第二種鉄道事業者となっております).

かつての中山道線の代替交通機関として運賃上の不利益をもたらさないよう、巣鴨中山道線区間には下記の運賃特例を設けております.

A(中山道線蓮根以南から蓮根以北を乗り通す場合):全区間を奥武鉄道の運賃として計算します.

B(都営三田線の巣鴨以南から蓮根以北を乗り通す場合):全区間を都営地下鉄の運賃として計算します.

C(巣鴨~蓮根間のみを利用する場合):切符は都営地下鉄の運賃として計算します.

D(巣鴨~蓮根間のいずれかの駅と蓮根~西高島平間のいずれかの駅との間を利用する場合):全区間を都営地下鉄の運賃として計算します. なお都営三田線の巣鴨以南から巣鴨~蓮根間のいずれかの駅までを乗り通す場合も同様です.

E(巣鴨~蓮根間のいずれかの駅と巣鴨中山道線を除く奥武線のいずれかの駅との間を利用する場合):全区間を奥武鉄道の運賃として計算します(初乗りは1回扱いとします). ただしその結果算出される運賃が都営地下鉄の同一距離での料金を下回る場合、巣鴨中山道線の低額運賃規定が適用されます.

巣鴨中山道線の低額運賃規定とは?

​→おーびぃに聞いてみよう!(右の画像をクリック)

 

 

 

F(都営三田線の巣鴨以南のいずれかの駅と巣鴨~蓮根間を経由し巣鴨中山道線を除く奥武線のいずれかの駅との間を利用する場合):巣鴨以南を都営三田線の運賃として、巣鴨から先奥武線内のご利用駅までの区間を奥武鉄道の運賃として乗り継ぎ運賃を計算します(巣鴨で会社を乗り換えた扱いとし、乗車方向の上下にかかわらずこの方式で計算します).