特急・快速列車などのご案内

↑クリックで拡大します(2019年10月リニューアル版). 

001.jpg
002.jpg

奥武鉄道では各方面に特急、快速列車を運行しております. また朝夕を中心に東京近郊圏において中山道ライナー、中山道エクスプレス、とちぎエクスプレスを運転し皆様の快適な通勤、ご旅行のお供をさせていただきます. どうぞご利用ください(上の路線図上で◇印は一部列車のみが停車する駅です. 停車列車を確認の上ご利用ください).

特急白虎(全席指定A特急料金あり):新宿~会津若松(A特急:速達便)

特急あかべこ(全席指定特急料金あり):新宿、浦和~会津若松 

                 *この他臨時列車として運転日指定の野田市発会津若松行きがございます. 

​特急しらかわ(全席指定特急料金あり):新宿~白河

特急メトロコア会津白虎(全席指定A特急料金あり):日比谷~会津若松(A特急:速達便)

特急メトロコア会津(全席指定特急料金あり):日比谷~会津若松

特急なんたい(下り)/にょほう(上り)(全席指定特急料金あり):新宿~奥武日光

特急メトロコア日光(全席指定特急料金あり):日比谷~奥武日光

[臨時]​特急浦和日光(全席指定特急料金あり):浦和→奥武日光(停車駅:浦和、結城、真岡、宇都宮、奥武今市、奥武日光)

快速(特別料金なし全席自由席):新宿~鴻巣、熊谷、三峰口、笠間、七合、奥袋田、大田原、白河、会津若松、喜多方、米沢、会津田島、会津大川舘岩口、只見間で運行(新宿~熊谷、三峰口間の快速列車は行田市から秩父鉄道秩父本線に直通運転)

夜行快速もがみ(寝台車のみ特別料金あり):新宿~米沢

夜行快速あらしお(寝台車のみ特別料金あり):新宿~酒田(米沢からJR米坂線、JR羽越本線に直通運転)

​  *夜行快速あらしお号の寝台券購入は奥武線区間をご利用の場合に限ります. JR線内区間のみご乗車の場合寝台車はご利用頂けません.

[臨時]夜行快速尾瀬直達:新宿→蛇滝(停車駅:新宿、浦和、関宿、下妻、筑波山口、笠間、茂木、会津田島、南郷、蛇滝)

   *臨時夜行快速尾瀬直達号は全席指定席列車です. 指定席料金はありませんが切符購入時に特別割引料金が適用されるため必ず事前に切符をご購入ください.

中山道ライナー(ライナー券が必要です):新宿~熊谷(8000系快速形電車で運転、行田市~熊谷間秩父鉄道秩父本線直通運転)

​中山道エクスプレス(ライナー券が必要です):新宿~熊谷(10000系特急形電車で運転、行田市~熊谷間秩父鉄道秩父本線直通運転)

とちぎエクスプレス(ライナー券が必要です):新宿~宇都宮、奥武日光(10000系特急形電車で運転)

10000系

特急列車 車両紹介

皆様の快適な旅のお供をする特急形車両を紹介します. 

 

2007年に先代の特急形電車、900系を置き換える形でデビューし、奥武線では初めてとなる140km/h運転を開始しました. この車両の登場と同時に新宿~会津若松間を3時間弱で結ぶ速達型特急の「白虎」が運転を始め、奥武線の新しい時代を象徴する存在となりました.

アルミ押し出し材の軽量車体に、外装は奥武鉄道の会津地区を走る客車、気動車で永らく使用されてきた(現在はキハ100形のみに残る) あかね色とアイボリーに着想を得て、アイボリーをより華やかな光沢感を持つシャンパンゴールドとした他、側面窓周りを一体的に見えるようにダークグレーでまとめています. 車体断面は2010年に登場した急行形の2000系に準じており、車体幅は2930mm、ハニカム構造の外壁や複層ガラスの窓によって会津地方の冬にも耐える断熱効果を得ています. 

編成は2+2列の普通車6両と6人用個室が並ぶ個室車1両からなるボギー車7両. 車内には車いす用トイレ、多目的スペースをはじめバリアフリーに配慮した曲線構成のデッキなど、現代の要請にマッチした設備を整えています. ゆったりとした車内で目的地までの時間を心行くまでお楽しみいただけます. 現在特急白虎、あかべこ、しらかわ、なんたい、にょほう、臨時特急浦和日光ととちぎエクスプレス、中山道エクスプレスで使用されております. 

 

20000系

2017年にデビューした最新型の特急形車両で地下鉄直通運用(メトロコア日光、メトロコア会津、メトロコア会津白虎)に限定して使用されます. 都営地下鉄三田線に直通するため車体幅は2800mmに抑えられており、10000系よりやや細身のボディとなっています. 三田線ではホームドアが完備されているため、三田線内の停車駅である日比谷、大手町、神保町では駅によってドアが開閉する車両を変えて対応しています. 

​車体色のあかね色とシャンパンゴールドは10000系の意匠を引き継ぎつつも、首都の都心直下に乗り入れる特急列車としての風格を持たせる狙いから都会的なダークグレーで窓周りと前面下部を広く覆い、日光行きの観光列車としても多用されることから日光の寺社や紅葉の持つ華やかなイメージを取り入れるため腰下に山吹色のアクセント帯をあしらうことで引き締まったボディの持つスピード感と旅に出る高揚感の融合を図りました. 前面運転台は地下線を走る制約から非常口を設ける必要があるため、正面ガラスが跳ね上がり前面下部が観音開きに開く特殊な構造を採用しました. 

編成は2+2列の普通車5両と1+2列の特別車1両から成るボギー車6両編成. 全席に電源コンセントを設置、車内では無料Wifiサービスも提供しています. 

 

下り快速列車分割案内

快速列車は途中で行先が分かれる列車がございます.

各号車の行先をお確かめの上ご利用ください.

快速列車 車両紹介

 

キハ4000系快速3両編成

8000系快速4両編成

快速列車は中山道線~秩父鉄道直通系統の列車では8000系電車、奥武本線ほか各線系統の列車ではキハ4000系気動車が使用されます. 8000系電車は埼玉県北部、秩父地方までの比較的短距離の利用を視野に入れて気軽な転換式クロスシートの構成としております. 一方キハ4000系は長距離利用にも対応できるよう簡易リクライニングシートを備え、夜行快速あらしおに使用される専用編成ではフリーストップリクライニングシートを使用しております. 新宿~浦和間では8000系/キハ4000系単独、あるいは併結列車として4~12両で運転されますが、奥武本線の一部区間や大子線、大田原線、岩羽線、白田線、上岩線などの地方線区では列車を分割しトイレを備えたキハ4000系の3両を基本ユニットとして運転されます.

 

夜行列車は夜行快速もがみ(新宿~米沢)と夜行快速あらしお(新宿~米沢~JR米坂線・羽越本線経由酒田) を運転しており、それぞれキハ4000系3両編成2本の間に寝台客車オハネ4800形を2両挟んで8両編成で運転されます. また年に何回かあらしお用キハ4000系3連の予備車がJR東日本に貸し出され羽越本線の普通列車を代走することがあります. 

 

特急快速2.jpg