奥武線車両のあゆみ

中山道電鉄の社線車両から始まった中山道線

現在では奥武鉄道の稼ぎ頭!?になっている東京と埼玉の南北主要都市軸を結ぶ中山道線. 元々中山道電鉄の路線であるため、昭和9(1934)年の奥武鉄道発足(奥羽越鉄道と中山道電鉄が合併)以降戦前戦中を通して、黄色の警戒色で塗られた中山道電鉄の車両(100系電車と総称された)が走り続けました. そしてこの黄色は車体色としては消えた現在も中山道線のラインカラーとして引き継がれています. 奥武鉄道製の新車が出るのは戦後の昭和22(1947)年. この時にデビューした400系電車は戦中に消失した車両を補填するために戦前戦中と変わらない設計思想の、台枠に半鋼製の車体を乗せた旧態依然としたものでした. とはいえ、この400系でヨモギ色の濃淡のツートンを取り入れ、戦後という新たな時代の奥武線電車のイメージを作るのに一役買いました. 昭和31(1956)年には近代的な全金属製の450系が登場、ヨモギ色のツートンの中に前面ステンレス飾り帯や正面窓を傾斜させ窪ませたスタイルを取り入れ、後の奥武通勤車の標準スタイルになる貫通扉幌と一体化したライトケースを取り入れました. この450系より前の車両は16m級、2600mm幅の小型車で当初「ヨモギ色」と称されたその塗色は後にファンの間で「仮面ライダー」と呼ばれ親しまれました. 

​昭和40(1965)年、奥武鉄道の全直流電化区間が1500Vに昇圧されるのに合わせてデビューしたのが交直流通勤形電車の3000系です. 2800mm、20m級と初の大型車でしたが450系の曲面を取り入れた前面から切妻に運転台窓だけを凹ませた造形に変わり、塗色もエメラルドグリーンの一色塗となったことから当初はファンの評判は今一つで、急加速の乗り心地の悪さによって沿線の皆様のご評価も…. しかしこの3000系を標準型として翌昭和41(1966)年には直流専用の3050系が、また昭和43(1968)年には都営三田線との直通運転開始に合わせて3090系がデビューします. 3000系、3050系といったエメラルドグリーンの新世代車両は併用軌道の残る中山道線巣鴨~中板橋間に入線することはなく、この区間では最後まで100系、400系、450系の小型車が活躍を続けました. 路面用排障器を付けたこれら小型車の姿に懐かしさを覚える方も多いのではないでしょうか. 

3000系列の乗り心地の悪さを反省点として、まず昭和55(1980)年には地下鉄直通用の新車5000系が登場して時間をかけて3090系を置き換えて行き、ついで昭和57(1982)年にはこれをさらに改良し3000系並みの高加速度を取り入れた地上線用の6000系が誕生、さらに2000年代に入るとVVVFインバータを導入しデジタルATCに対応してさらに滑らかな加速を実現した地上線用の9000系が登場し、永らく地上線各駅停車、準急系列で活躍していた3050系を置き換えます. 地下鉄直通用では5000系を置き換えるべくVVVFインバータ搭載の1000系が導入されました. 

中山道線の中距離輸送が近距離輸送と分離されるのは1500V昇圧後

今でこそ新宿から直通して優美な急行形電車が駆け抜ける中山道線の中距離区間(上尾・鴻巣以北)ですが、かつては中山道電鉄時代の名残で都内を走るのと同じ小型電車が行田(現・行田市)までをカバーしていました. ここに新たな風を吹き込んだのが昭和40(1965)年の1500V昇圧とそれによる秩父鉄道との直通運転再開です. 当時の中山道線は建築限界が軌道法準拠の小型のものであったため2800mm幅で3扉を持つ急行形電車、600/650系がデビューし、中距離列車であることを示すため奥武本線や宇都宮日光線の中距離列車と同じ草色とアイボリーのツートンを纏って新宿~行田市、熊谷間を結びました. また秩父鉄道の三峰口方面直通快速列車は(せっかくの直通運転再開にもかかわらず)秩父鉄道側の電力事情や将来的に奥武線内の他方面のディーゼル快速と併結することを勘案して2800mm幅、20m級ディーゼルカーのキハ2000系が導入されやはり草色とアイボリーのツートンで落成しています. 

その後近距離電車はエメラルドグリーン(とはいえ旧型車のヨモギ色や黄色もまだまだ走っていましたが)、中距離列車は草色とアイボリーのツートンという時代が続きましたが、中山道線の建築限界が広げられ平成4(1992)年には2980mm幅の3扉20m車である7000系が登場. 7000系はアイボリーを主体としてブラックフェイスを取り入れた斬新な姿で奥武線急行形のイメージを一新します. 平成9(1997)年には秩父鉄道直通快速用のキハ2000系がディーゼルカーとの併結機能を備えた8000系電車に置き換えられ、こちらも黄緑を大胆に取り入れたこれまでにないカラーリングで登場、沿線のイメージを大きく変えました. その後7000系の後継車はアルミ製の2000系となりましたが、7000系で導入したカラーリングを踏襲しつつよりブラッシュアップしたものになっております. 

かつて小型気動車天国だった宇都宮日光線は直流急行形や特急形の駆け抜ける電化路線に

日光東街道鉄道として開業した現在の宇都宮日光線. 奥武鉄道が設立すると日光東街道鉄道時代の小型客車(奥武鉄道発足時に300系客車として付番されていました)を置き換えるべく当時最新式の小型機械式ディーゼルカー、キハ50、60、70、80が次々に導入されます. 当時の気動車快速「なんたい」、「にょほう」は電車で新宿から運転されてきた快速の旅客を関宿で単行のディーゼルカーに積み替えるというものでした. 戦後の昭和25(1950)年には国鉄のキハ10系に先駆けて液体変速機による総括制御を実現した16m級気動車、キハ90が導入され野田市~関宿間や宇都宮近郊での通勤、通学輸送に力を発揮したほか、同年に戦中の運転休止を経て運行を再開した快速「なんたい」にも導入されました.

昭和40(1965)年の野田市~下総境間直流1500V電化と下総境以北交流20000V電化は3000系通勤形電車による浦和~結城、宇都宮間直通運転と奥武鉄道初の特急形電車、900系による新宿~奥武日光間直通運転をもたらし、可愛らしい小型気動車の天国であった宇都宮日光線は大型電車の走り抜ける幹線へと脱皮していきます. 1970年には旧型気動車を一掃すべく2900mm幅20m級の大型車である700系一般形電車が登場. その後平成4(1992)年の北宇都宮までの直流電化によって3000系の準急列車は全て7000系の急行、区間急行に置き換えられそれまでは中山道線のみの種別であった急行、区間急行が宇都宮日光線に初めて導入されます. この時期、導入途中の7000系だけでは足りない直流急行運用を一部中山道線から追われた600系が担った時代もありました. 600系と700系は車体幅とドアの数、車内の座席配置が異なるのみで外観色がよく似ているため、草色の600系を使用した急行列車は普通列車と間違われないために前面に「急行」の大きなヘッドマークを掲げて走っていました. 特急形は900系の後昭和52(1977)年からはその改良型である950系も加わり、平成19(2007)年からは10000系がこれらを置き換え、平成29(2017)年からは地下鉄直通用の20000系がデビューして日光路のスターとしてその美しいボディを沿線の景色に溶け込ませています. 

奥武本線は蒸機の牽く客車列車から気動車王国を経て昭和の末に電化

かつての奥羽越鉄道の基幹路線であり現在の奥武鉄道で最大の長さを誇る奥武本線. その中距離区間(関宿以北)の輸送は戦前、戦後を通じて永らく蒸気機関車の牽く客車列車で行われていました. 旧奥羽越鉄道の客車は奥武鉄道発足後200系として総括されていましたが、昭和25(1950)年には鉄道省オハ35系をベースに独自の改良を加えた500系客車が導入され、21m級の客車を4~7両連結した列車は普通列車のほか快速、夜行快速列車としても走りました. しかし気動車が投入されていた宇都宮日光線と比べても蒸機牽引の列車ばかりであった奥武本線は大量輸送には優れるもののスピードで劣っており、無煙化の計画が立てられます. 昭和35(1960)年には国鉄キハ81系に先駆けることわずか数カ月、僅差で本邦初の特急形気動車となるキハ1000系が登場し、その後南会津地区でのキハ100形の成功を受けて昭和40(1965)年には標準型一般形気動車であるキハ250形を導入しました. 昭和47(1972)年には客車で運転されていた快速列車を気動車化し併結、解結のタイムロスを小さくすべくキハ4000系が登場、結果的に大幅なスピードアップにも貢献します. 昭和40、50年代の奥武本線は気動車王国として知られ「非電化私鉄路線の雄」とも称されました. 一時期は会津地区でキハ4000系に置き換えられて不要になった経年の浅いキハ100形が奥武本線に転属し、キハ200系と併結して運用に入り話題になりました. しかしそんな気動車華やかなりし時代も束の間、昭和52(1977)年に下総境~白河間が交流20000V電化されると会津方面連絡の特急には950系電車が充当されるようになり、昭和60(1985)年には当時流行のブラックマスクを取り入れた新700系電車が導入され大田原線直通運用を除く大半の普通列車を置き換えます. この時期、朝の通勤時間帯に運転されており当線の名物でもあったキハ200系7両編成の笠間発野田市行きは電車化に伴ってその去就が注目されましたが700系の4連に置き換わると同時に筑波山口発着の区間列車が増発されることで消滅しました. 

平成19(2007)年には特急電車が10000系に置き換わり平成29(2017)年には20000系電車もデビューしましたが、普通列車は今でも昭和の末に導入された新700系が現役で頑張っており、7000系改造の800系とともに主力を担っています. 平成29(2017)年には大田原線直通列車の増発に伴いごく一部の列車に徳次郎貨物線で使用していた旧型客車が導入されており、ファンの人気を集めています. 

宇都宮日光線からの転属車両が無煙化を担った大子線、東野鉄道の遺産から出発した大田原線

大子線の七合~常陸大子間は奥羽越鉄道時代の昭和2(1927)に奥鉄関東線の一部区間として開業した比較的古い路線であり、当時からの200系客車が昭和33(1958)年まで蒸機に牽かれて走っていました. これらを置き換えて当初無煙化を進めたのは新製車ではなく宇都宮日光線のキハ90導入で余剰となったキハ50、60形. 後にはキハ70、80形も転属し昭和の末期まで機械式ディーゼルカーによる単行普通列車が見られました. 新世代の気動車の導入は快速列車として奥武本線から直通を始めたキハ4000系(昭和47(1972年)~)に始まり、遅れて昭和50(1975)年にキハ200形が導入されています. 平成30(2018)年には永らく主役であったキハ200形を置き換えるべくキハ300、350形が導入されました. 

一方の大田原線は昭和43(1968)年に奥武鉄道に編入されるまでは東野鉄道の路線であったこともあり、編入後も昭和の末期まで社製車両が走り続け、新宿~大田原間に設定された直通特急(後に廃止され1往復のみ快速として温存)のキハ1000系気動車から当社製の車両の導入が始まりました. 昭和50(1975)年からキハ200形を新製投入しましたがこれが現時点で最後の新車投入となっています. 

会津地区・南会津地区ではキハ100形が無煙化を推進

戦前から会津地区ではあかね色とアイボリーのツートンに塗り分けた奥羽越鉄道時代の客車が使用されており、蒸気機関車がこれら赤い客車を牽いていました. 白河以南の草色の塗色と一線を画した赤い塗色(会津色と呼ばれました)は雪の中での視認性もさることながら、白河以北で使用する客車には白河以南の客車と異なる耐雪設備を施していたためその区別のためもありました. 現在でも奥武本線から磐岩線に乗り入れる普通列車がキハ4000系気動車を用いなおかつ800番台として会津地区の運行番号を振られているのは当時の客車運用の名残です. 昭和35(1960)年にデビューしたキハ1000系特急形気動車は当然会津地区に新たな風を吹き込みましたが、当時はまだ普通列車の気動車化には疑問の声も大きく、これを解決したのが旧上岩軽便鉄道区間(白田線会津田島以西、上岩線)の近代化のために導入され好評を博した2800mm幅、21m級大型気動車であるキハ100形です. 昭和47(1972)年に快速用のキハ4000系が登場すると快速列車が気動車化されたことにより最後まで快速の間合い運用での客車運用が残っていた岩羽線の普通列車も気動車化され、昭和50(1975)年に夜行快速あらしおが専用の寝台車を併結して気動車列車化されたことで岩羽線からも客車列車とともにSLの火が消えます. 

磐岩線は昭和55(1980)年に20000V交流電化されて特急も950系電車に置き換えられ、現在は10000系や20000系電車が駆け抜けますが、普通列車はキハ4000系を中心に郡若線直通列車や一部臨時列車にのみキハ100形が充当され、普通列車に電車は入りません(早朝の三代~会津若松間1往復を除く). 岩羽線は特急列車の喜多方便廃止(昭和55(1980)年)以降は一貫してキハ4000系でのみ運転されており、東北地区の無煙化を進めた立役者であるキハ100形は磐岩線、岩羽線からはおよそ退き白田線、上岩線の一部列車を中心に運用されています. 

平成31(2019)年4月にはSL列車の運転が会津・南会津地区で始まり、オリジナルの客車ではないながら、客車定期列車の消えて久しい会津・南会津地区に昔ながらの旅情が蘇っています.